FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS


高根写真集団、大西つねみち会員の個展「さよなら築地」を、5月14日(火)~19日(日)、船橋市民ギャラリー3Fにおいて開催いたします。約50枚構成の力作です。読売新聞のニュース写真部門で1席受賞となった5枚組を中心に構成されています。ぜひご覧くださいませ!

img002.jpg


*移転問題で揺れていた、築地場内市場は2018年10月6日、85年の歴史に幕を下ろし、10月11日より豊洲に移転した。1923年の関東大震災で日本橋にあった魚河岸が焼失し、芝浦の臨時魚市場を経て1935年築地に創設されたものであった。世界最大級の魚市場として「日本の台所」と言われた。移転を迎えた最後のニケ月を追ったスナップです*

大西つねみち


.....................................................................................................

なお、「さよなら築地」の写真展と同時に、船橋市民ギャラリー3Fでは、5月13日(月)~19日(日)高根写真集団展2019を開催しています。ぜひお立ち寄りくださいませ。会員一同、皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
スポンサーサイト




現在、品川のキャノンギャラリーで開催中のGOTO AKI (ゴトウ アキ)氏の「terra」展。
日本の風景をモチーフに地球の表情を描いた作品群。すばらしかったです!お勧めです!
3月4日(月)まで。詳しくはキャノンのサイトへ ←クリック


_DSF0614-001.jpg

この展示を見て、最近、恵比寿の写真美術館で見たマイケル・ケンナ(Michael Kenna)写真をふと思い出しました。「terra」展は主にカラー、一方、ケンナ展はモノクロ。風景の捉え方はそれぞれ違いますが、風景の抽象化という点で、どちらの展示からも深く感銘を受けました。ケンナ展は撮影が許可されていましたので、一部ご紹介いたします。

_DSF0549.jpg  
_DSF0554.jpg 

_DSF0555.jpg 

_DSF0557-002.jpg










_DSF7370.jpg 
寒緋桜


靖国神社の桜が開花。これから桜前線の北上が始まります。今春、注目の写真展をすこしご紹介いたします。

① フランスを代表する女性写真家、
サラ・ムーン(Sarah Moon)の個展「D'un jour à l'autre 巡りゆく日々」 が東京・銀座のシャネル、ネクサス・ホールで4月4日から。100点に及ぶ作品。必見です!


② 現在、竹橋の東京国立近代美術館3F9室では、ロバート・フランク(Robert Frank)の特集を三期(5月27日まで)にわたっておこなっています。スイスに生まれアメリカに移住したフランクはアメリカを代表する写真家。その美しいオリジナルプリントはため息もの。撮影が許可されているので、一部を下にご紹介します。なお近代美術館で3月21日まで開催中の没後40年 熊谷守一 「生きるよろこび」展はすばらしいに尽きます!

_DSF7354.jpg

_DSF7345.jpg
第二期「花のパリ」より


③ 東京・新宿のEPSONのエプサイトでは、モンゴルをライフワークとする気鋭の写真家、清水哲朗氏の「New Type」を4月12日(木)まで開催中。清水先生には昨年例会でご指導をいただきました。3月21日(水・祝)には3時よりアーティスト・トークがあります。昨年秋のオリンパス・ギャラリーでの個展「Anchin」は心を揺さぶられました!

オレンジ字をクリックすると展覧会のサイトへ


写真サークル・高根写真集団について







img_732_1507094321.jpg

写真(上)の掲載許可をいただいております


今年五月の例会でご指導いただいた写真家、清水哲朗氏のライフワーク、モンゴルをテーマとする40点の写真による大規模な個展が、オリンパスギャラリー東京で、11月24日(金)より始まります。お時間があれば、ぜひ足をお運びください!

「Anchin」アンチンとはモンゴル語で「狩人」のこと。写真展の詳細はオリンパスの公式ページへ。

今年二月、ニコンサロン銀座において、清水先生のプロの部「さがみはら写真新人奨励賞」受賞記念の写真展「New Type」が開催されました。モンゴルを舞台とする写真の力強さ、美しさ、スケールの大きさ、その真摯な姿勢に感動いたしました。今回の写真展もとても楽しみです!!

オリンパスギャラリー東京:11月24日~11月29日
オリンパスギャラリー大阪:12月8日  ~12月14日


写真サークル、高根写真集団について







芸術の秋となりました。奈良市の入江泰吉記念写真美術館では、今秋、「奈良を視る」シリーズにおいて、入江泰吉「古き仏たち」展(2017年12月24日まで)と同時に、日本の代表的写真家たちの古都奈良をテーマとする写真展が次々と開催されています。高根にご縁のある写真家の先生も展示されます。奈良方面にいらっしゃる折は、ぜひ! 

_DSF4984-1.jpg   


入江泰吉「古き仏たち」9月1日~12月24日

三好和義「室生寺」展 10月9日まで  
秋山亮二「なら旅行」展 10月11日~11月5日
百々武 「日々は絶景」展 11月7日~12月3日
Template by :FRAZ