FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS


いつもブログを見てくださいまして、ありがとうございます。

さて、今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月11日より船橋市民ギャラリーで開催を予定しておりました、「高根写真集団展2020」を中止いたします。毎年、見に来てくださる方々も多く、大変残念ではございますが、上記の決定となりました。新型コロナ禍が早く収束し、来年は作品を展示できますよう、会員一同精進する所存でございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。 

なお、皆さまにおかれましては、くれぐれもご自愛くださいませ。


_DSF0998.jpg




                          

スポンサーサイト




新緑のまぶしい季節となりました。いつも当ブログを読んでくださいましてありがとうございます。

高根写真集団では、5月13日(月)~5月19日(日)、船橋市民ギャラリーにおいて2019年度写真展を開催いたします。近くにお越しの節は、ぜひ足をお運びください!

メンバーそれぞれ5点ずつ(自由作品4点と課題作品1点)を予定しております。
2019年度の課題は、「写真で表現する漢字一文字」。

 
   dancer.jpg 
 



ダウンロード
                                                                                                     


会場
          〒273-005   船橋市本町2-1-1 
船橋スクエア21ビル 3F
     ☎ 047-420-2111

JR船橋駅、京成船橋駅より徒歩5分


また、高根写真集団、大西つねみち会員の個展「さよなら築地」も同じフロアーでほぼ同時期(5月14日(火)~19日(日)に開催いたします。 


img002.jpg 


会員一同、皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。



暦の上では立春を過ぎ、今日は春の雪となりました。当会では、1月に新規に3名の方の入会があり、活気づいています。そして、2月24日(日)、午後より、船橋市中央公民館において、写真・カメラ誌「フォトコン」の元編集長、板見浩史氏をお招きして特別例会を開催いたします。板見氏の長年のフォト・エディターとしての経験からのお話
は興味深く、写真創りに有益です。ご関心のある方々、どうぞ見学にいらしてください。板見氏の温かいお人柄、そしてアットホームな雰囲気ですので、いろいろ写真創りの上で参考にしていただき、楽しんでいただけるのではないか、と思います。24日は、自由作品(単写真、組写真)と課題作品の選や、講評、また質問などを予定しております。今年の課題は、写真五七五<写真俳句(自由律や川柳も含む)>です。


お問合せや参加ご希望の方は、下の赤字のお問合せをクリックしてメールフォーム欄から、送信してください。のちほど、詳しいご案内を差し上げます。見学のみは無料です。板見先生に写真を見てもらいたい方は、プリントした写真(自由作品 5枚以内)をお持ちください。質問などは自由です。その場合は、有料(1000円)となります。皆さまのご参加をお待ちしております。




薔薇4    






新緑の季節となりました。当ブログを読んでくださいましてありがとうございます。
高根写真集団では、5月7日(月)~5月13日(日)、船橋市民ギャラリーにおいて2018年度写真展を開催いたします。近くにお越しの節は、ぜひ足をお運びください!

メンバーそれぞれ5点ずつ(自由作品4点と課題作品1点)を予定しております。
2018年度の課題は、「歌または曲を写真で表現する」。皆さまのご来場をお待ち申し上げております!



H30交差点前B5→B4 36×23



ダウンロード
                                                                                                     


会場
          〒273-005   船橋市本町2-1-1 
船橋スクエア21ビル 3F
     ☎ 047-420-2111

JR船橋駅、京成船橋駅より徒歩5分




各地で梅の便りが聞かれるようになりました。高根写真集団では、2月25日(日)、午後より、船橋市中央公民館において、写真・カメラ誌「フォトコン」の元編集長、板見浩史氏をお招きして特別例会を開催いたします。板見氏の長年のフォト・エディターとしての経験からのお話
は興味深く、写真創りに有益です。ご関心のある方々、どうぞ見学にいらしてください。板見氏の温かいお人柄、そしてアットホームな雰囲気ですので、いろいろ写真創りの上で参考にしていただき、楽しんでいただけるのではないか、と思います。25日は、自由作品(単写真、組写真)と課題作品の選や、講評、また質問などを予定しております。今年の課題は、写真五七五<写真俳句(自由律や川柳も含む)>です。


お問合せや参加ご希望の方は、下の赤字のお問合せをクリックしてメールフォーム欄から、送信してください。のちほど、詳しいご案内を差し上げます。見学のみは無料です。板見先生に写真を見てもらいたい方は、プリントした写真(自由作品 5枚以内)をお持ちください。質問などは自由です。その場合は、有料(1000円)となります。皆さまのご参加をお待ちしております。




-1_DSF6390   

Template by :FRAZ